ナマケタイヨ日記

大学院博士課程中退でフラフラしてる。あまり働かず、頑張らずゆるく生きていきたい。野菜の自給を目指す。社会学や人類学などを参考に生き方について書いていきたい。韓国語できます(TOPIK6級)。ゆるく生きたい仲間が欲しいです!ブログ読んで関心もたれたかたは連絡下さい 連絡先 haruka.omae@gmail.com

商品/非商品に優劣をつけない

 市場経済の中で生きる私たちは、労働市場で労働力となり、おカネになる商品を生み出さなければならない。カネを稼げないモノや行為は無駄なこととして扱われる。

 

 私たちは労働者として商品やサービスをつくり、GDPに寄与する生産活動をすることでのみで評価される。

 

 しかし、カネにならないモノでも自分が使って満足がいくなら、それでいいだろう。

 

 韓国で、有機農業で自給している人が語った。

「私たちは大統領よりもよいモノを食べている」「私たちの食べているモノはおカネには替えられない。おカネとは比較ができない」

 

 形は悪く商品にはできない野菜でも、自分にとっては丹精込めて作った貴重で健康によい食べ物である。

 これは、市場経済の価値基準を超えたモノである。有機野菜が商品化されない/できないからといって、それは無価値なモノではない。

 

 商品になるモノと、商品にならないモノとに優劣の関係をつくるのが問題だ。カネを稼げる商品をつくったりサービスをおこなうことが、優位な扱いを受けるのが問題なのである(商品化される野菜は丁寧に包装されるなど)。