生きるための思想

大学院博士課程を中退してフラフラ生きてる31歳の男です。社会学などの知見をもとに市場経済至上主義を批判して、生きづらさをテーマに記事を書きます(低所得、精神障害、非モテなどの弱者問題)。もともとは韓国で農村移住者を研究してた。金のかからない歩き野宿旅をしている(有料記事ノート https://note.mu/guide)。ツイッターで思う所をつぶやいてる。

資本主義を超えた生き方が必要

広井良典は資本主義のことを「市場経済プラス拡大・成長」と呼んだ。

 

資本主義によって私たちが苦しむらなば、市場経済をどうにかしなければいけない。

 

何でも市場に任せるのではなく、DIYをしたり、交換をしたり、他人からタダでモノを恵んでもらっ

たり、サービスを受けるなど市場を超えた生き方が必要。

 

貨幣を媒介とせず=市場経済を通さずに、自分の手で作って充実感を得るのは重要だ。何でも市場で

商品を買ってまかなおうというのは、資本主義の奴隷となってしまう。

 

私たちは普通、市場経済でやりとりされる商品やサービスを買うカネを稼ぐために働いている。

 

市場経済への依存を低めることができれば、私たちは働く時間を縮小できる。そして時間という自由を手にすることができる。

 

頭ではわかっているが、中々実践がともなわない。