読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nagneの日記

大学院中退で現在ニート。貧乏で精神障害をもち体調もよろしくないが、楽しく生きたい。連絡先 haruka.omae@gmail.com

自分の能力を生かすことができないのは不幸だ

 

 

自分に合わない仕事は苦痛だ。

 

仕事などの向き不向きを考える上で参考になるのが、ノーベル経済学賞をとった、アマルティア・センのケイパビリティという概念である。

 

センが途上国において問題としたのは、絶対的なカネの欠乏である貧困だけでなく、個々人が自分の能力を十分に生かすことができない状況であった。

 

人間は仕事であれ趣味であれ、自分のつちかった能力を十分に発揮できる環境にいれることが一番幸せだということだ。

 

自分の能力を生かすことができず、好きでもない仕事に携わり日銭を稼ぐのは不幸であり、人としての尊厳が毀損されている状態なのだ。

 

私は、完璧ではないが上級レベルの韓国語能力をもっている。しかし、これを生かす仕事というのは残念ながら無い。

 

 

自分の能力が生かされないことをするのは、苦痛以外の何ものでもない。

 

私は20169月から20172月まで野菜を扱う単純作業をしていた。

 

誰にでもできると思った単純作業の仕事だが、私には苦痛だった。

 

毎日、何時間も野菜を箱から出して袋に詰めていく作業を延々とやることは、私には耐えられなかった。

 

単純作業は、単純作業に向いている人がすべきなのだ。

 

次の仕事は、単純作業ではない仕事を探そうと思っているが、自分の能力を生かせる仕事を見つけることはできないだろう。

 

仕事をするのは嫌だといっても、食べていくためには月10万くらいのカネは必要であり、嫌な仕事をして稼がなければいけない。

 

今のところ、私の能力では、残念ながらこの状況を変えることはできない。

 

悲しいかな、このまま、適性に合わないことをしてカネを稼ぐしか無いのだろうか?