nagneの日記

大学院中退で現在ニート。貧乏で精神障害をもち体調もよろしくないが、楽しく生きたい。連絡先 haruka.omae@gmail.com

仕事探し(塾講師)

ぼちぼち、バイト探しをしている。

 

事務職のパートとかは職歴やスキルが無いため受からない。そもそも男性は採用されないという事情もあるが。

 

肉体労働・単純労働は、前回の週4のパートの仕事で単調作業に耐えられなくて挫折してしまった。

 

そこで、以前やっていた塾の仕事をまたやるかと思い、塾の求人を探していた。

 

求人を探したところ、大手のフランチャイズの個別指導塾しか求人が無いこと、そして恐ろしく給料が安いことがわかった。

 

 

ある塾は、インターネットでは給料が801600円〜と書いてあった。しかし、実際に面接に行くと801300〜であった。難度の高い高校生へ授業をして1600円だという。

 

ネットの情報と違うじゃないか。詐欺である。

 

しかも、この塾では定期的に研修があり、それに講師は無給で出席しなければいけない。

 

 

別の塾は、インターネットに給料が801740円(付帯業務つき)と書いてあった。面接では、付帯業務(指導報告書作成など)が30分もあると言われた。

110分で1740円。時給換算900円くらいである。

 

今の時代、ほとんどの塾は個別指導という形態をとっている。

 

個別指導は、教室で講師が前に立って講義をするのではなく、講師が生徒の側に付きっきりになって授業を進め、生徒の質問に答えていく形式である。

 

講師1人に対して生徒3人とかを同時に相手にしなければいけない時もある。

3人は同じ学年で同じ科目を教えるのではなく、みんな学年はバラバラ。

 

例えば、1人は小学生、1人は中学生、1人は高校生という組み合わせもあり、その3人を同時に教えなければいけない。

 

これは、相当きつい。

 

大手の個別指導塾はその仕事のキツさからネット上でもブラックだという声が溢れかえっている。

 

・予習などの時間を考え時給換算したら時給がわずかにしかならない。

・指導報告書の作成に膨大な時間がとられ、その作成時間は給料に含まれない。

・そもそも、同時に生徒3人とか酷だ。

 

などなど

 

私も塾の仕事のキツさは以前のバイトで知っている。

しかし、以前勤務していた所は派遣会社を通して行ったからか時給2000円もらっていた。正直、それくらいの対価はないと塾講師はやってられないだろう。教えるのは、生徒がわからないところを瞬時に理解して、要領よく教えるという能力が必要で、けっこう大変なのだ。

 

今回、探した塾の求人では、その対価に合わない給料の安さに唖然として、塾の講師の仕事は辞めることにした。

 

 

さて、塾の仕事は諦めた。

 

また仕事を探し直さなければならない。

 

やはり、また肉体労働や単純作業をすることになるかな。