生きるための思想

大学院博士課程を中退してフラフラ生きてる31歳の男です。社会学などの知見をもとに市場経済至上主義を批判して、生きづらさをテーマに記事を書きます(低所得、精神障害、非モテetc)。もともとは韓国で農村移住者を研究してた。ゆるく生きたいフェミニンな仲間が欲しいです!ツイッターで思う所をつぶやいてる。

(都知事選)働く時間を減らしていきたい

私が選挙などで重視することは、候補者が現在の日本の長時間労働や頑張りすぎなければいけない生き方を変革する必要を言及しているかにある。


都知事選で、小池さんがワークライフバランスについて都庁職員から残業ゼロを実施すると言ってるのは大きい。


鳥越さんも、生き方についてもっと言及した方がいい。

 

blogos.com

 

私は、仕事の時間を短くして、仕事から開放された時間に社会活動などに関わり人的ネットワークを広げることが重要だと考える(ブロガーなんかでもよいと思う)。

 

会社人間は人間関係が会社に固定されるため、退職後や無職になった時に人間関係を失うことになる。


孤独は危険だ。
孤独は寿命を縮めるという研究もある。

 


孤独を回避するためにも、仕事以外にいろんな活動をしてネットワークを広げるのがいいだろう。