ナマケタイヨ日記

大学院博士課程中退でフラフラしてる。あまり働かず、頑張らずゆるく生きていきたい。野菜の自給を目指す。社会学や人類学などを参考に生き方について書いていきたい。韓国語できます(TOPIK6級)。ゆるく生きたい仲間が欲しいです!ブログ読んで関心もたれたかたは連絡下さい 連絡先 haruka.omae@gmail.com

プレカリアート

Wikipediaに載っていた学歴難民という用語を見て自分のことだと思った。

 

「学歴難(がくれきなんみん)は、主に一流や難関と言われる名で有名名高い大学大学院を卒しておきながら、をしても一流(と言われる)に就できず、無職プレカリア非正雇用)になったり、希望するや自身のプライドのす地位に就けず不本意ないられたりしている人々をいう」

 

私は、大学院博士後期課程を病気で辞めて以降、底辺のバイトを転々としている。どれも最低賃金に近い単純作業である。もちろん不本意だ。

 

まさにプレカリアートである。今はニートであるが。

 

私は正社員になるつもりはなくパートで働きたいが、事務作業などの仕事には応募しても受からない。書類選考で落とされてしまう。

 

なので、肉体労働か単純作業に甘んじるしかない。

 

しかし、そういった仕事は長続きしない。

 

単純作業ができるようになっても何の満足感も得られないし、先の展望がない。そんなことを思うと、全く仕事をする意欲が沸かないのだ。

 

人間は今やってることが将来何らかの役に立つという希望がなければ、何もできなくなるのではないか。

 

肉体労働や単純労働以外にできる仕事はないが、それらの仕事には希望がもてず続きそうにない。

 

八方塞がりである。