(仮)はるかの日記

大学院博士課程中退でフラフラしてる。あまり働かず、頑張らずゆるく生きていきたい。野菜づくりとか手作り生活とか適当にやりたい。社会学などを参考に生き方について書いていきたい。もともとは韓国研究者。ゆるく生きたい仲間が欲しいです!ツイッターで思う所をつぶやいてる。

社会の役に立たない人間はゴミだと?

1.社会の役に立たない人間はゴミだという論理

 

発達障害者は社会にとって迷惑だから、子孫を残さないでくれ」、「障害者はゴミ」というメッセージが、ツイッターの質問箱を通して発達障害者当事者に送られていることが騒ぎになっている。

 

f:id:nagne929:20180203134114j:plain

 

f:id:nagne929:20180203134117j:plain

 

 

以上の「障害者は社会の迷惑で、ゴミだ」という発言と、それに対する反論等を見ていて思う所があるので、ブログに書いておきたい。

 

 

 

まず、「障害者」とはそもそも存在するものではなくて、社会的に構築される。

 

マジョリティと相対的に異なり、その程度が甚だしいと「障害者」と名づけられる。社会が均質性を求め不寛容になるほど「障害者」は増える。

 

空気を読むことが求められたり、お笑い番組などの影響で会話の中に面白さやイジリなどの要素が求められたりと、コミュニケーションが複雑化して、それについていけない、耐えられない人たちが「発達障害者」や「精神障害者」と判を押されるのではないか、という見方もある(周りと同調できない人を「アスペ」と呼んだりするのに典型的)。

 

障害者はマジョリティの支配する社会では生きづらいので、公的サポートやマジョリティへの支援や理解を要請する。そこで、マジョリティと異なる言語コードをもつため軋轢をおこしたり、自立できない障害者に対して、「障害者は役に立たない」「社会にとって迷惑だ」というマジョリティ側の発言がよく露出する。

 

以上の発言に対して、「障害者も輝かしい実績をあげている」、「障害者も社会で役に立つ」という語り方で、障害者を肯定する流れが出てきている。

 

しかし、「社会で役に立たない者は必要ない」という発言に対して、「無用と思われているモノが実は役に立つ(人みな有用の用を知りて、無用の用を知るなきなり)」(荘子)とか、「種の中に多様性があるほうが、種の存続が保たれる」(ダーウィン)などという箴言(しんげん)で反論するのは、何かしら違和感を感じざるを得ないのだ。

 

「役に立たないと思われていた人間も、見る視点を変えれば役に立っている」という主張も、結局は誰もが社会の役に立つことが必要だとされているからである。

 

多くの場合、社会の役に立つこととは、富を生み出したり、富を生み出す者を支えたりする行為である。

 

私は、この市場経済において評価されるか否かで、人の存在価値が決まってしまうという根本的な選別的思考が問題だと考えるのである。

 

 

2.「社会で役に立つ障害者」言説にひそむ危うさ

 

マルクス経済学での「労働」の定義は、有用つまり役に立って価値を生む人間活動ということです。ただし、この価値というのは交換価値、つまり「売れる」、市場に出してお金と交換できるということ

 

(落合恵美子(1994)『21世紀家族へ』、有斐閣選書、p.35)

 

一般的に「役に立つ人間」という言葉は、マルクスの言うところのお金を生み出す「価値のある人間」という意味で使われる。

 

「障害者も価値ある生産活動をする」とは、「主婦も価値ある生産活動をする」と主張したマルクス主義フェミニズムの陥った論法と同じである(主婦は夫という労働力と、子どもという将来の労働力を再生産する価値ある活動であるという論法)。

 

つまり、「労働する」=「富を生み出す」人間こそ価値がある。

 

発達障害者でいうと、ビル・ゲイツやスティーブン・ジョブス、科学が技術となり富と結びついた現代ではアインシュタインなどは、「役に立つ人間」とされる。

 

 

人間の活動は、有用性や市場経済の領域に影響をもたらすコトによってのみ正当化されるようになり、非生産的で有用性に還元されないコトは、「呪われた部分」とされてしまった

 

(G.バタイユ(1973)『呪われた部分(バタイユ著作集)』二見書房)。

 

 

有用性がなく、市場経済に資することのない特性はバタイユ風に言うと、「呪われたこと」なのだろう。

 

よろしければ、有用性と市場経済についての話は過去ブログを見てね(ΦωΦ)

 

nagne929.hatenablog.com

 

 

3.存在自身が無条件に肯定されることが必要

 

「歴史に残る天才や社会変革を起こした人物は発達障害者が多い。発達障害者は社会に必要だ」という主張は、発達障害者は何らかの才能をもち、「社会に役に立つ」=「価値を生み出す」存在にならないと肯定されない、という危うい選別的思想を導き出すことに繋がりかねない。

 

障害者や生きづらさを抱えた人にプレッシャーを与えることになると思う。

 

例えば、ニートが自身への嫌悪感を込めて「自分は社会の役に立たない。お荷物だ」と言う。

 

この社会が市場経済の価値に支配されているから、「役に立たない」=「価値を生み出さない」存在として自分を蔑んでしまっているのだろう。

 

しかし、人間が市場経済の価値創出のために行動するようになったのは、19世紀くらいの最近になってからである。

 

その辺は経済人類学者ポランニーが言っていて、これは以前ブログにも書いた。

nagne929.hatenablog.com

 

 

価値を生み出す有用なことを成そうと行動することを我々は強いられている。

 

存在自体が無条件に肯定される社会を目指すべきではないのか?

 

我々は、「この世に生を受けたからには、何か成さねばならない」という強迫の軛(くびき)から解放されるべきだ。

 

これは、障害者に限った話でなく、生きづらさを抱えた人にも当てはまる考えである。